0.33ctのダイヤモンド、新しいオーダーメイドの婚約指輪

平成25年2月6日(水)

Engagement ring (2)

Certificate of diamond (2)

Prototype of engagement ring

※これはシルバーで製作した原型の写真です。

■東京都葛飾区にお住まいのW様の婚約指輪
■258,000円(税込)
■ダイヤモンド 【0.33ct・E・VVS1・3Excellent】
■Pt900

新しいオーダーメイドの婚約指輪です。
ご予算に余裕があったので、中心に豪華に【0.33ct・E・VVS1・3Excellent】のダイヤモンドを使用しています。

W様のご要望は、「新婦があまり派手なデザインを好まないため、ダイヤモンドを包み込むようなデザインにしてください」というものでした。
そこで、私はこのデザインをご提案しました。

王道のデザインの一つです。

http://izuru.biz/blog/2013/01/new-prototype/

こちらが製作過程です。

最初に原型を製作しました。
この原型を製作したのは、技能を競うコンクールで優勝した職人です。
とてもセンスが良く、美しく仕上げてくれました。

このようなデザインでは、「いかに流線型を美しくするか」が大きなポイントになります。
IZURUの原型の特徴ですが、太いところはより太く、細いところはより細く仕上げています。
そして、全体的に丸みを帯びた優しい印象に仕上げています。

————–
また、ブランドによって印象が大きく異なります。
こちらは有名な【俄】というブランドの【暁】という指輪です。
【俄】の婚約指輪も美しいデザインですね。

俄・暁

同じジャンルのデザインですが、【IZURU】と【俄】の婚約指輪を比較して、ほんの少しデザインが違うことによって大きく印象が異なることがお分かりになると思います。

————–
IZURUの指輪では、指輪の上側を細く華奢にして、指輪の下側を太く厚くしています。
最近は指輪全体が細い指輪が多いですが、全体を細くすると長い間使用した際に変形する場合が多く、お薦め出来ません。

ただし、指輪全体を厚くしてしまうと「可愛らしい」印象がなくなってしまうので、どこを太くするのかはいつも真剣に考えます。
写真をご覧いただくと、絶妙な指輪の太さになっていることが伝わると思います。

2月8日(金)が結婚式で、完成したのは2月5日(火)です。
高い品質の婚約指輪を作るため、ギリギリまで3ヶ月間みっちりと時間をかけて製作しました。
きっと、新婦にも喜んでいただけると思います。





関連記事

プリンセスカットの婚約指輪・K18 プリンセスカットの婚約指輪について。
2012.05.25
岡山県 婚約指輪 オーダーメイド 岡山県のお客様 プリンセスカット 0.41ct E VS1 プリンセスカットの特長を活かし、繊細でグラデーションの美しい指輪を製作しました。
2017.03.23
No12 4個のダイヤモンド、家族の指輪
2011.03.08
婚約指輪 ブルガリ 婚約指輪 0.767カラット ブルガリのように幾何学的なデザイン 東京都新宿区のU様
2015.06.09
婚約指輪のダイヤモンドの大きさ
2011.01.18
IZURU

IZURU BLOG

結婚指輪・婚約指輪の通販サイト
「IZURU」の公式ブログです。
結婚指輪の豆知識や制作した指輪、
IZURUの日常について綴っています。

皆さまが指輪を購入する際の一助となれば幸いです。

カテゴリー

最近の投稿

タグ





RSS Feed

IZURU Facebook