全ての婚約指輪のダイヤモンドには、GIAの鑑定書が付いています



GIA ダイヤモンド 鑑定書

ダイヤモンドは主に【4C】という要素で鑑定されます。
1.Carat(カラット)・重さ(重い方が良い)
2.Collar(カラー)・色(無色な方が良い)
3.Clarity(クラリティー)・透明度(キズが少ない方が良い)
4.Cut(カット)・形(美しいプロポーションの方が良い)

詳しくはこちらをご覧ください。

http://izuru.biz/quality/

ダイヤモンドの業界で信用されている鑑定機関は、以下の3つです。
1.米国宝石学会(G.I.A)
2.中央宝石研究所(CGL)
3.AGTラボラトリー

この中でIZURUは主に【米国宝石学会(G.I.A)】の鑑定書を使っています。米国宝石学会(G.I.A)はダイヤモンドの評価基準の【4C】を考案した会社です。【4C】が生まれることによって、ダイヤモンドの相場が形成するのに、大いに貢献したはずです。

IZURUはこの【米国宝石学会(G.I.A)】の鑑定書を全ての婚約指輪に添付しています。IZURUの婚約指輪の価格は安いのですが、キチンとした鑑定機関でチェックを受けたダイヤモンドを使用しています。

これもIZURUの大事なこだわりです。

※GIAの鑑定書が汚れている場合は、代わりに中央宝石研究所(CGL)の鑑定書を添付する場合があります。どちらも厳しくダイヤモンドを鑑定する会社なので、ご安心ください。

中央宝石研究所(CGL)の鑑定書は、こちらをご覧ください。

http://izuru.biz/blog/3895.html

IZURUのこだわり