エタニティリングを結婚指輪として使う



n1

IZURUのエタニティリングはこちら

 

エタニティリングを結婚指輪として使えるの?

使えます。実際、エタニティリングを結婚指輪として使っている人は多いです。エタニティリングも色々なデザインがあって、中には頑丈な作りのものがあります。

こういう頑丈なエタニティリングなどが、結婚指輪にお薦めです。

 

 

実際、どのようなデザインが結婚指輪に向いているのか?

ティファニーのエタニティリングを元に、結婚指輪に向いているデザインと、向いていないデザインを振り分けてみましょう。

以下の文章はIZURUの独自の考えであり、ティファニーのエタニティリングの品質を保証するものではありません。

 

結婚指輪に向いているエタニティリング

① ティファニー・チャネル セッティング バンドリング

e237891_1

② ティファニー レガシー バンドリング

e237891_2

こちらは【爪留め】という技法でダイヤモンドを留めています。ダイヤモンドの外側をプラチナで覆っているため、耐久性が強いデザインです。

 

 

結婚指輪に向いていないエタニティリング

① シェアド プロング セッティング バンドリング

e237891_3

こちらのエタニティリングは1つの爪で2つのダイヤモンドを留める【共有爪】という設計です。そして、よく輝くように、ダイヤモンドがむき出しのデザインです。そのため、結婚指輪としては使いにくいデザインです。

 

② ダイヤモンド ドッツ 3ロウ バンドリング

e237891_4

こちらは【パヴェ留め】と言われる技法でダイヤモンドを留めたエタニティリングです。敷き詰められたダイヤモンドがとても美しいです。このエタニティリングもダイヤモンドがむき出しになっているため、結婚指輪としてはお薦めしません。

以下の文章はIZURUの独自の考えであり、ティファニーのエタニティリングの品質を保証するものではありません。

 

まとめると、4本の爪でしっかりとダイヤモンドが留められている、もしくはレール留めでしっかりとダイヤモンドが留められているエタニティリングが、丈夫でお薦めです。

 

 

幅が3.0ミリ前後のエタニティリングをお薦めします。

結婚指輪として使うのならば、幅が3.0ミリ前後か4.0ミリ前後のエタニティリングが良いと思います。理由はシンプルです。

① 幅が2.0ミリだと細すぎて、耐久性がない。

② 幅が5.0ミリだとダイヤモンドが大きくなり、派手なので使いにくい。

単純な理由ですが、大事なことです。特に細いエタニティリングは耐久性が弱いので、結婚指輪としてはお薦めしません。

 

 

【まとめ】こんなエタニティリングは結婚指輪として使えます。

① ダイヤモンドがプラチナorゴールドに覆われているデザイン。

② 幅が3.0ミリ前後or4.0ミリ前後

③ 【4本の爪】や【レール】などでしっかりとダイヤモンドが留められている。

 

 

IZURUのエタニティリングはこちら

 

結婚指輪の選び方


IZURUの結婚指輪一覧