青山迎賓館の結婚式の口コミ情報 芸能人も結婚式を行った格式高いゲストハウス!



青山迎賓館のことを知った経緯

去年末、主人の幼馴染の結婚式に列席致しました。
場所は青山迎賓館でした。式場名からして格式の高さを窺わせますが、まさに名称の通りの上品なゲストハウスでした。フランス貴族の邸宅をイメージして造られたそうです。
後日談ですが、式場選びは困難を窮めたそうです。新郎のご実家は京都の名家です。格式を重んじるご両親だそうですから、当初は由緒正しいホテルにて結婚式を予定していたそうです。
しかし主人の幼馴染である新婦は、ホテルウェディングよりもアットホームなゲストハウスウェディングが希望でした。彼女の絶対に外せない条件は「デザートビュッフェ」をゲストに提供することでした。可能であれば、庭付きのゲストハウスで結婚式を行い、お庭でデザートビュッフェを用意してゲストをおもてなししたかったそうです。
新郎新婦の意見は真っ向から対立してしまいました。そこで折衷案として、「ホテルのような格式の高いゲストハウス」を探すことにしたのです。
暗礁に乗り上げていた会場探しですが、方向性が定まってからは一気に動き始めたそうです。そんな中、インターネットで調べている時に青山迎賓館を見つけたそうです。

結婚式場はたくさんあるのに、なぜ青山迎賓館を選んだのか?

絶対条件は「格調高さ」です。新郎のご両親が納得されるような式場でなければなりません。青山迎賓館は他のゲストハウスと比べて、一段高い気品を兼ね備えていました。
「青山迎賓館」という名称も安心が持てます。
実際にブライダルフェアに行った際に、お二人共とても気に入り、その場で契約をしたそうです。
青山迎賓館にはプール付きのお庭があります。このお庭を最大限に活かせるとのことです。もちろん新婦希望のデザートビュッフェもお庭で可能とのことでした。
格式高いけれど、柔軟な結婚式作りが可能という点が、お二人が青山迎賓館に決めた理由でした。
お値段がちょっとお高めだったそうですが、「早割り」を利用して数十万円OFFになったそうです。

実際に列席してみての感想

当日列席させて頂きました。
新郎新婦のこだわりが随所に散りばめられた、とても素敵な結婚式でした。
お天気に恵まれたおかげで、挙式の際にチャペルの天井が外されていました。とても開放的な挙式となりました。
ゲストハウスウェディングなだけあり、アットホームな空間でした。
お料理は本格的なフレンチでした。どのお料理も盛り付けが計算され尽くしていると言った感じでした。芸術品のようでした。お味ももちろん、とても美味しかったです。
新婦のお色直しのあとは、お庭に出てデザートビュッフェが振舞われました。
どのデザートも宝石のように綺麗で美味しかったです。
まさに「格調高さの中でのアットホームな空間」が実現されておりました。
新郎のご両親も大満足といった表情を浮かべておいででした。 

結婚式場情報

カテゴリ

結婚式場情報

IZURUの結婚指輪一覧



IZURUの結婚指輪一覧