0.2ctのダイヤモンドには、気をつけて。

タグ
カテゴリ

最近、百貨店やインターネットで、0.2ctのダイヤモンドを使用した婚約指輪を、よく見かけます。
0.2ctの婚約指輪は買わない方が良いです。
少しストレートな意見ですが、本当のことです。

婚約指輪のマーケットは、0.3ctのダイヤモンドか0.5ctのダイヤモンドを使うのが、ジュエリー業界の暗黙の常識です。
0.2ctのダイヤモンドを使った婚約指輪を見ると、ジュエリー業界の人間は「少しダイヤモンドが小さいな」と、内心感じています。

では、なぜ0.2ctのダイヤモンドを婚約指輪に使うようになったのか?

「低価格の商品じゃないと、売れない」と、考えているブランドが多いからです。

不況が続いています。
小売業の人間は、「どうやったら商品を安く出来るか」と考えています。
また、経費が多くかかる体質なので、ある程度粗利も必要です。

そうすると、なるべくコストを可能な限り抑えて、なるべく安い商品を作ろうとします。

「少し材料の品質を落とそう」
「もっと、安い工賃でお願いできる職人を探そう」

このようなことを考えているブランドは、結構たくさんいます。

////////////////////
私はダイヤモンドの卸売りをしているときに、以上のようなブランドを見て、残念だなと感じました。
「親友に売っても恥ずかしくない指輪を作りたい」と思いました。

いくら安くても、プレゼントした女性が喜ばなくちゃ、意味がないですから。

だから、最初に「どうやったら、良い指輪が出来るかな」と、IZURUは考えます。

そして、出来る限り品質を高めた後。

「どうやったら、安く販売できるかな」と、考えます。

他のブランドと順番が逆なのです。

////////////////////
初めて買うジュエリーが婚約指輪、という人は多いはずです。

お客様には良い婚約指輪をご購入なさって欲しいな、と強く思っています。

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。