東京都中央区のO様からのご注文 中心に0.807カラット 両脇にペアシェイプを使った婚約指輪です。

ハリーウィンストン 婚約指輪

  • ハリーウィンストン 婚約指輪
  • ハリーウィンストン 婚約指輪
  • ハリーウィンストン 婚約指輪
  • ハリーウィンストン 婚約指輪
  • ハリーウィンストン 婚約指輪
  • ハリーウィンストン 婚約指輪
  • ハリーウィンストン 婚約指輪
  • ハリーウィンストン 婚約指輪
  • ハリーウィンストン 婚約指輪
  • ダイヤモンド 鑑定書
  • ダイヤモンド 鑑定書
  • ダイヤモンド 鑑定書

商品の価格・スペック

■東京都中央区のN様
■価格 1,430,000円
■プリンセスカット 0.807ct D VS1 3Excellent
■ダイヤモンド 両脇 ペアシェイプ 合計0.30ct
■プラチナ Pt900
■製作期間 3ヶ月

両脇にペアシェイプのダイヤモンドを使った豪華な婚約指輪です。

2015年6月、南青山店にご来社。

豪華な婚約指輪です。

中心に【0.807ct D VS1 3Excellent】のダイヤモンドを使っています。
両脇にも合計0.30ctのペアシェイプを使っています。

一般的にこのデザインは両脇にテーパード・バゲットカットを使うことが多いです。

今回は特別にペアシェイプのダイヤモンドを使いました。

ペアシェイプの【ペア】は洋梨を意味します。
形が洋梨に似ているからです。

中心が0.80カラットと大きいダイヤモンドなので、両脇も合計0.30カラットと大きなペアシェイプを選びました。

この2個を使うためだけに、10個以上のペアシェイプを仕入れることもあります。

無駄なのですが、このくらい余裕がないと寸法と品質を揃えることが難しいです。

この婚約指輪はダイヤモンドの留め方が特別です。

あと、特徴的なのはダイヤモンドを留める爪です。

元々、この爪はハリー・ウィンストンがオリジナルだと思います。
日本ではオレッキオも同じような爪で留めています。

現在は他にも何社かあるかな。

割り爪という留め方に分類されると思います。

この留め方のポイントは【爪の長さを揃えて、先端を鋭利にすること】です。
いやはや、これが難しいです。

有名なブランドでもダメな爪はよくあります。

とても上手い職人じゃないと、なかなか美しく仕上げることが出来ません。

次は両脇のペアシェイプ。

袋のような形状の爪で留めます。
袋爪ですね。

プリンセスカットも同じような形状の爪で留めます。

尖っている先端を傷つけない工夫です。

バシッと決まり、美しい婚約指輪に仕上がりました。

FORM

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。