プリンセスカット ダイヤ 【0.50ct E VVS2】 婚約指輪の新作です。

Princess cut engagement ring

Diamond Certificate

■東京都新宿区にお住まいのS様
■価格 398,000円(税込)
■プリンセスカット【0.50ct E VVS2】
■両脇のダイヤモンド 直径1.4ミリ 14個 0.15ct
■素材 プラチナ Pt900

先日、プリンセスカットの婚約指輪を製作いたしました。
こちらの指輪です。

https://izuru.biz/blog/2013/03/princess-cut-diamond-engagement-ring/

この写真をご覧になったお客様から、同じデザインの婚約指輪のご注文を承りました。
品質の高いプリンセスカットのダイヤモンドの在庫が残っていたので、それを使用しました。
前回よりも価格が高い理由は、プリンセスカットの品質が【0.50ct E VVS2】だからです。

前回のBlogでデザインや構造について書いたので、今回はプリンセスカットなどのファンシーカット(変形)のダイヤモンドについて少し書きます。

■色々な形のダイヤモンドがあります。

ダイヤモンドの形は色々です。
一番有名なのは丸い【ブリリアントカット(アイデアルカット)】です。
この形はみなさんご覧になったことがあると思います。

そして、今回使用したのは【プリンセスカット】という形のダイヤモンドです。

このような特殊な形のダイヤモンドを【ファンシーカット(変形)】といいます。

その他、有名なファンシーカット(変形)のダイヤモンドは【エメラルド】、【クッション】、【オーバル】、【ハート】、【マーキス】、【ペアシェイプ】などでしょうか。

■【プリンセスカット】や【エメラルドカット】などのファンシーカット(変形)のダイヤモンドは、ラウンド・ブリリアントカットと比べて価格が安いです。

これをお話しするとよくお客様は驚きます。
ダイヤモンドの業界では当たり前のことなのですが、ラウンド・ブリリアントカットのダイヤモンドが一番価格が高いです。

これには合理的な理由があります。

それは、一つの原石をカットした際に、ラウンド・ブリリアントカットの方が小さくなってしまうからです。

これを歩留まりが悪い、といいます。

反対に、プリンセスカットやエメラルドカットのダイヤモンドは、ラウンド・ブリリアントカットに比べて原石をあまり小さく研磨しなくて良いので、大きいダイヤモンドを生産しやすいということになります。

これを歩留まりが良い、といいます。

だいぶ、専門的な話なので分かりにくいかもしれません。

お客様はシンプルに「ファンシーカット(変形)のダイヤモンドの方が価格が安い」とだけ覚えておいてください。

この事を知っていれば、「ファンシーカット(変形)のダイヤモンドの方が希少性があって高価です」という、間違ったセールストークに惑わされないで済みます。

■ファンシーカット(変形)のダイヤモンドをご希望のお客様へ。

「他の人と違ったダイヤモンドを使った指輪が欲しい」というお客様には、ファンシーカット(変形)のダイヤモンドが良いかもしれません。

【エメラルド】、【クッション】、【オーバル】、【ハート】、【マーキス】、【ペアシェイプ】、【プリンセスカット】など、ご希望のダイヤモンドを教えてください。

オーダーメイドで指輪を製作いたします。

 

 

 

FORM

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。