1カラット エメラルドカットの婚約指輪 爪が特徴的なハリー・ウィンストンのスタイルです。

エメラルドカット ハリー 婚約指輪

エメラルドカット ハリー 婚約指輪

エメラルドカット 1カラット 鑑定書

  • 1カラットダイヤモンド エメラルドカット 婚約指輪 ハリー・ウィンストン・スタイル
  • エメラルドカット 1カラット 婚約指輪
  • エメラルドカット 1カラット 婚約指輪
  • エメラルドカット 1カラット 婚約指輪
  • エメラルドカット 1カラット 婚約指輪
  • エメラルドカット 1カラット 婚約指輪
  • エメラルドカット 1カラット 婚約指輪

商品の価格・スペック

■東京都のお客様
■1,600,000円 税込
■エメラルドカット 1.05ct E VS1
■テーパード・バゲットカット 0.22ct
■9号
■Pt950 プラチナ
■製作期間 2ヶ月

1カラットのエメラルドカットのダイヤモンドを使い、ハリー・ウィンストンのスタイルの婚約指輪を製作しました。

2018年6月、南青山店で初めて新婦にお目にかかりました。

その際、ご友人2人とお越しになりました。
3人のお客様と私、4人で楽しく話をしました。

新婦のご友人がジュエリーに詳しく、色々と新婦にアドバイスをしていました。

新婦はエメラルドカットの婚約指輪をご希望でした。
両脇に2個のテーパード・バゲットカットを使うデザインです。

現在、このデザインの婚約指輪を販売している会社は多いですが、一番有名なのはハリー・ウィンストンです。

以前、2度ほど同じスタイルで婚約指輪を製作しました。

https://izuru.biz/custommade/emerald-cut-tapered-baguette-engagement-ring/

https://izuru.biz/custommade/emerald-cut-0-55ct-engagement-ring/

共に思い入れのある作品です。

ハリー・ウィンストンは素晴らしいブランドなので、多くのブランドに影響を与えています。

創業者のハリー・ウィンストンは写真が極端に少なく、ジュエリーが主役という考えだったようです。

素敵ですね。
創業者のキャラクターはブランドのキャラクターに直結します。

話が脱線しました。

その日は4人で楽しくお話をして、その日はいったん話を保留としました。

後日、【エメラルドカット 1.05ct E VS1 None】のエメラルドカットを使った場合の価格をお伝えしました。

新郎にご相談いただき、2018年6月に再び南青山店でお会いしました。

改めて、【エメラルドカット 1.05ct E VS1 None】をご覧に入れて、婚約指輪を製作することが決まりました。

弊社の場合ルーペでエメラルドカットをご確認いただくので、安心してご注文いただいたと思います。

エメラルドカットの婚約指輪を設計する際に気を付けていること。

エメラルドカット 1カラット 婚約指輪

このデザインの婚約指輪の難しいところは、両脇のテーパード・バゲットカットの大きさを決めること、高い品質のテーパード・バゲットカットを用意することです。

1カラットのエメラルドカットの寸法を測り、それに似合うテーパード・バゲットカットはどのくらいの大きさか何度も計算しました。

また、高い品質のテーパード・バゲットカットを用意することは至難の業です。
弊社は海外の工場に特別に発注して高い品質のテーパード・バゲットカットを用意しています。

有名な会社でも高い品質のテーパード・バゲットカットを使っている会社は稀です。
この辺はIZURUの大事なこだわりです。

エメラルドカット 1カラット 婚約指輪

話を変え、エメラルドカットをどのくらいの高さで留めるのかも大事な要素です。

一般的にティファニー・カルティエ・ハリーウィンストンなどの海外のブランドは、高い位置でダイヤモンドを留めます。

実際に着けてみると、ダイヤモンドの位置が高いので、普段の生活で何かにぶつかってしまわないか心配になる方も多いです。

かといって、中心のダイヤモンドの位置を低くしすぎると、指にダイヤモンドが埋もれてしまうように見え、デザインが崩れてしまいます。

IZURUの場合、この辺の課題を考慮しながら、0.2ミリ~0.3ミリずつくらいダイヤモンドの高さを調整しています。

これらはとても大事な要素で、婚約指輪の使いやすさや美しさを決めています。

価格が安いブランドでこの辺のことをあまり考慮せず、形が崩れてしまっている婚約指輪も多いです。

高級なブランドは、こういった細部にすごくこだわります。
だから、美しく見えます。

※価格は高いけど、形が崩れてしまっているブランドも多いので注意が必要です。

エメラルドカットを留める爪に対する“こだわり”について。

エメラルドカット 1カラット 婚約指輪

1カラットのエメラルドカットを留めている爪をご覧ください。
竜の爪のように2つに分かれています。

婚約指輪の原型を設計する際、この点について時間をかけて考えています。

このデザインの婚約指輪の場合、爪もデザインの大きい要素です。

比較してみましょう。

https://izuru.biz/custommade/emerald-cut-engagement-ring-0-45ct/

こちらの婚約指輪は中心のエメラルドカットが0.45カラットで横向きに留めます。

こういう場合はあまり主張しない小さめの爪が良いです。
また、爪の割り方も少なくして、可愛らしさを演出しています。

今回の1カラットのエメラルドカットは、もっと爪を大きく、ダイナミックなデザインにする必要があります。

そして、爪の割れ方も大きくします。

このデザインにはこの爪の方が似合います。

原型を設計する際は、この辺のことも考えて設計しています。

無事にエメラルドカットの婚約指輪が完成しました。美しく仕上がっています。

無事に婚約指輪が完成しました。

心から美しいと思う形に仕上がったと思います。

真剣に向き合えば向き合うほど、婚約指輪は美しく仕上がります。

IZURUは規模の大きさを求めていません。

小規模でも自分たちが納得できる品質の指輪を納品したいと考えています。

FORM

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。