合計1.08カラット D VVS 3EXのダイヤモンド。ありったけの想いを注ぎ込んだエタニティリング。

エタニティリング ハリーウィンストン

ダイヤモンド D VVS 3Excellent

  • エタニティリング ハイブランド
  • エタニティリング ハイブランド
  • エタニティリング ハイブランド
  • エタニティリング ハイブランド
  • エタニティリング ハイブランド
  • エタニティリング ハイブランド

エタニティリング 商品の価格・スペック

■東京都のお客様
■ハーフエタニティリング
■688,000円 税込
■ダイヤモンド 直径3.4ミリ×7個 合計1.08ct
Color・D Clarity・VVS1・VVS2 Cut・3Excellent
■6号
■プラチナ Pt950
■製作期間 5ヶ月

合計1.08ct。全てD・VVS・3EXのダイヤモンド。笑ってしまうくらい高い品質のエタニティリングです。

今年は2019年。

お客様が初めて南青山店にお越しになったのは2013年です。

6年前。
時間が経つのはあっという間ですね。

今回、5年ぶり2018年12月にご注文を承りました。

話を進めましょう。

https://izuru.biz/custommade/large-diamond-eternity-ring/

これが基となるエタニティリングです。

当初の予定では直径3.3ミリのダイヤモンドを使い、このタイプのエタニティリングを製作する話でした。

※最終的に直径3.4ミリのダイヤモンドを使っています。

当初はダイヤモンドを集めるのは簡単だと考えていました。

しかし、マーケットに希望するダイヤモンドがありません。

いくつかの業者からダイヤモンドを取り寄せたのですが、以前に比べてだいぶ価格が上がってしまっていました。

これはマズい。
ダイヤモンドが全く見つかりません。

お客様に事情を説明して、納得のいくダイヤモンドが見つかるまでお待ちいただくことになりました。

最高のダイヤモンドが見つかったので、思い切って26個のダイヤモンドを仕入れておきました。

ダイヤモンドを探し続け、ようやく採算が合い品質の高いダイヤモンドを扱っている業者を見つけました。

この業者は自社でダイヤモンドを研磨しています。
研磨の技術が高く、とてもキレ味の良いカットです。
惚れ惚れしますね。

この業者から60個くらいダイヤモンドを取り寄せて、26個のダイヤモンドを仕入れました。
厳選に厳選を重ねたダイヤモンドです。

手前味噌ですが、世界のトップクラスの品質と言ってしまって良いと思います。

今回は7個のダイヤモンドしか使わないのに、なぜ、そんなに仕入れたの?

たしかに無駄に感じるかもしれませんね。

でも、こういうダイヤモンドって、必要なときに見つからないことがよくあります。

近い将来、同じようなエタニティリングを希望するお客様がきっといるはずです。

その時のために、豪快に仕入れておきました。

採算を考えずに美を追い求める。
IZURUの良いところです。

26個のダイヤモンドの中から、カラー・D、クラリティー・VVS、カット・3Excellentを選ぶ。

上に書いたとおり、当初の予定をオーバーして26個のダイヤモンドを仕入れました。

その中から、以下の品質に絞ってダイヤモンドを選びました。

■Color D
■Clarity VVS1 VVS2
■Cut 3Excellent

手前味噌ですが、これは比類する物がない品質です。

ティファニー、カルティエ、ハリー・ウィンストン、高級なブランドでもなかなか同じことは出来ないと思います。

5ヶ月間も待っていてくれたお客様のために全力を尽くす。

5ヶ月間も待っていてくれたお客様のために全力を尽くしました。

感動していただくのが最優先です。
一人のお客様に対して最善を尽くせば、後は野となれ山となれ。

そんな考えで仕事をしています。

質素で健全に経営をしているので、たくさんダイヤモンドを仕入れても大丈夫です。
たぶん、他のダイヤモンドもすぐに売れてしまうと思います。

今さらですが、4つの爪でダイヤモンドを留めるデザインです。

デザインについて書き忘れました(汗)

弊社のエタニティリング・Saintの延長線上にあるデザインです。

4つの爪で留めるとゴツくなってしまうので、ダイヤモンドの大きさに対してなるべく小さい爪に設計しています。

こうすることによって、ダイヤモンドが光り輝きます。

また、この構造は丈夫です。
ちょっとやそっとの衝撃ではダイヤモンドが外れません。

毎日、エタニティリングを使いたい場合は、このデザインは良いと思います。

家宝になるようなエタニティリングです。末永くお使いください。

長い文章を書きました。
そろそろ筆を置きます。

話をまとめると、今回は家宝になるようなエタニティリングを製作しました。

とても価値のある作品なので、お子さん、お孫さんに受け継いで欲しいと考えています。

ジュエリーは感動が大事な商品です。

最善を尽くせば、そのエネルギーや狂気が作品に乗り移ります。
良い仕事が出来ました。

ご注文をいただき、ありがとうございます。

FORM

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。