0.5ctのエメラルドカット×ゴールドの婚約指輪です。

エメラルドカット 婚約指輪 ハリー・ウィンストン

GIA 鑑定書 エメラルドカット 0.50ct E VS1

  • エメラルドカット 婚約指輪 ハリー・ウィンストン
  • エメラルドカット 婚約指輪 ハリー・ウィンストン
  • エメラルドカット 婚約指輪 ハリー・ウィンストン
  • エメラルドカット 婚約指輪 ハリー・ウィンストン
  • エメラルドカット 婚約指輪 ハリー・ウィンストン

エメラルドカットを横向きに留めた婚約指輪です。

ダイヤモンドの品質は【0.50ct E VVS2 Medium Blue】です。

価格は418,000円(税込)です。

0.5カラットのエメラルドカットを使っていることを考えると、この価格はお買い得に感じるかもしれません。

なぜ、安い価格を実現することが出来るのか?

蛍光性がMedium Blueのエメラルドカットを、お買い得な価格で仕入れることが出来たからです。

蛍光性のあるダイヤモンドを安い価格で買うことが出来ます。

ダイヤモンドの蛍光性について記事を書きました。

こちらをご覧ください。

https://izuru.biz/blog/diamond-fluorescent/

0.5カラットのエメラルドカットだから、横向きに留めても美しく見える。

このデザインは大きいダイヤモンドを使った方が良い。

通常、婚約指輪のダイヤモンドは縦長の向きに留めます。
これが基本です。

でも、今回の婚約指輪のように横向きに留める場合もあります。

横向きに留める場合は、0.5カラット以上の方が良いかなと考えています。

理由は「エメラルドカットが小さいと、腕が細くなりすぎるから」です。

エメラルドカットの短い辺に合わせて、腕の太さを決めます。

エメラルドカットが小さいと腕が細くなりすぎて、貧弱に見えます。

そのため、このデザインの場合は0.5カラット以上の方が向いています。

ダイヤモンドを留める爪は割爪のデザインです。

割爪はハリー・ウィンストンが有名ですね。

このデザインに合うように、少し小さめでシャープな割爪にしています。

下手な人が留めると、爪の先が丸くボテッとした印象になります。
上手い人が留めると、先端が尖ったシャープな印象になります。

この辺の細かい点に気を付けながら製作しています。

腕の部分はヤスリで“つや消し”にしています。

個人的にイエローゴールド×つや消しは大好きです。

単純に綺麗ですよね。

いつも、「イエローゴールドをつや消しにすると、心が温まる風合いだな」と感じます。

焼きたてのパンを見るような。
そんな印象です。

上面と側面を“つや消し”にしています。
内側は“つやあり”です。

参考になれば幸いです。

このデザインは年に数回しか作りません。
美しい婚約指輪です。

ご希望のお客様はお気軽にご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

エメラルドカットの婚約指輪のスペック

■東京都のお客様
■418,000円(税込)
■エメラルドカット 0.50ct E VVS2 Medium Blue
■11号
■K18 イエローゴールド
■製作期間 3ヶ月

FORM

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。