結婚指輪 後悔しない選び方のポイント



結婚指輪は一生に一度の記念品です。
毎日身に着ける物だし、飽きずに気に入って使い続けられるデザインを選びたいものです。
実際に購入した方が後悔するのはどんなことでしょうか。
結婚指輪を使用している方の意見をご紹介します。

結婚指輪購入後に後悔した点

デザインに飽きてしまう

その時の流行のデザインや話題のキャラクターとのコラボ商品など、「かわいい」と感じたものを選びたくなる女性は非常に多いです。
ただ、個性の強いデザインは飽き易いもの。
10年後、20年後に自分に似合っているかどうか、考えてから決めるようにしましょう。

指輪が細すぎて、変形してしまった

細い指輪は、女性らしく可憐な印象を与えます。
ですが、日常生活の中で起こる衝撃で細い指輪が変形する例も多いです。
金属の量が極端に少ないリングを結婚指輪として使うのは避けた方がいいかもしれません。

指が年をとり、若い頃は似合っていたデザインが似合わなくなってきた

華奢な指輪や細い指輪は、若い女性に非常に人気があります。
ただ、指は年を重ねます。
段々と、しっかりした太さや重厚感のあるリングの似合う指になるのです。
この点にも留意して選んで下さいね。

結婚式まで時間がなく、バタバタして焦って決めてしまった

ジュエリーショップに置いてある結婚指輪はあくまでもサンプルです。
基本的には、注文してから納品まで1ヶ月以上かかります。
ぎりぎりのスケジュールで動くと、納得して指輪を選ぶことができなくなってしまうので、時間に余裕をもって検討しましょう。

将来的にサイズが変わる可能性を考慮していなかった

指のサイズは体重の変化などで変わる場合があります。
ですから、サイズ直しが可能なデザイン・サイズ直し等のメンテナンスに対応してくれるショップを選ぶようにしましょう。
素材・デザインによってはサイズ直しが不可能な商品もありますので、事前に確認をして下さい。

ピンクゴールドの指輪を選んだら変色して、くすんでしまった

ピンクゴールドは変色しやすいカラーです。
とても可愛らしい印象ですが、メンテナンス・サイズ直しも難しいという特徴があります。
ピンクゴールドを選ぶ場合には、信頼できるショップで購入することが大切です。

結婚指輪はケチってホワイトゴールドにしたので、ずっと着けていたらメッキが剥がれて変色してきた

ホワイトゴールドはメッキというコーティングが施されています。
使用し続けているうちにメッキが剥がれてくることは仕方がないと考えたほうが良いでしょう。

結婚指輪購入後に満足している人は?

このように、後悔した理由も様々です。
一方、以下のようなポイントで購入を決めた方は満足している傾向にあります。

デザインが気に入っている

そのデザインの欠点なども理解した上で、それでも気に入っていって選んだデザインの指輪には愛着が湧くものです。
一目惚れした指輪が見つかったら、それは運命の出会いと言って良いでしょう。

シンプルなデザイン

シンプルなデザインは飽きにくいです。
流行に左右されない普遍的なデザインのリングは安心して使い続けることが出来ます。

旦那様が決めてくれた物なので気に入っている

自分で選んだものではなくても「パートナーが自分を想って選んでくれた」ということで、結婚指輪への想い入れが強くなっているようです。
迷ったら、旦那様に決めてもらうのもいいかもしれません。

その他、購入前にきちんと確認したいこと

指輪購入の際に、皆さんに詳しく知っておいて頂きたいことがありますので、ご紹介します。

納期

指輪探しは、時間に余裕をもっていたほうが良いでしょう。
できれば指輪が必要な日の2ヶ月以上前、最低でも1ヶ月半前から検討を。
セミ・フルオーダーは時間がかかるので、さらに前からの検討が必要になります。

<指輪の納期>

●通常の商品:約1か月
●フルオーダー:2~3か月

オーダーの商品は、指輪の原型を製作するのに時間がかかります。
原型の製作に1か月半以上かかるので、納期が長くなるのです。

リングの太さ

結婚指輪として使うのならば、幅が3.0~4.0ミリ前後がオススメです。
あまり細すぎると指輪が変形してしまいます。
また、指も顔と同じように年をとります。若い頃は細い指輪が似合っていても、年を取ると華奢な指輪が似合わなくなってくる方が多いです。

リングの素材

素材はプラチナか、イエローゴールドがオススメ。
最近ではホワイトゴールド、ピンクゴールドなどの素材のリングが増えており、価格も安価な為人気が出ています。
ですが、長く使い続けるとなると以下のような注意点があります。

<ホワイトゴールド>

ホワイトゴールドを使ったジュエリーにはメッキというコーティングが施されています。
ずっと着けているとメッキがはがれて、薄い黄色のホワイトゴールドが見えてきます。
元の状態に戻すためには再びめっき仕上げしなければなりませんし、修理不可能な場合もあります。

<ピンクゴールド>

イエローゴールドのような派手さはありませんが、優しい上品な輝きは落ち着いたかわいい印象を与えてくれるのがピンクゴールド。
ですが、ピンクゴールドは変色し易い素材です。
ピンクゴールドが変色してしまうのは、ピンクゴールドに多く含まれる銅や銀が原因です。
イエローゴールドやピンクゴールドなどのカラーバリエーションは全て他の素材との合金ですが、ピンクゴールドに多く含まれる銅は、ほかの金属に比べて変色しやすいのです。
変色の原因が空気中の酸素と化学反応を起こす「酸化」です。
ですから、ピンクゴールドの多少の変色は免れないものと考えておいた方が良いでしょう。

また、サイズ直しが難しいという特徴もあります。
銅を多く含むため、素材が硬く、サイズ直しにより割れてしまうリスクがあるからです。

ブランドによっては、ホワイトゴールドと同様にメッキをしてある商品もありますので
店頭できちんと確認してから購入するようにしましょう。

最後に

ここまで、結婚指輪購入の際の注意点をまとめてきました。
「長く使える」「飽きない」指輪を選ぶことは勿論重要ですが、「これだ!」という直感を感じる指輪との出会いを大切にして下さい。

お二人でじっくり話し合って、永く大切にしたくなる結婚指輪を手に入れて下さいね。

結婚指輪の選び方


IZURUの結婚指輪一覧