婚約指輪 Venus 0.30カラット ダイヤモンド エタニティリングの美しさを取り入れた婚約指輪です。

タグ

婚約指輪 エタニティ 0.3カラット ダイヤモンド

  • 婚約指輪 エタニティ 0.3カラット ダイヤモンド
  • 婚約指輪 エタニティ 0.3カラット ダイヤモンド
  • 婚約指輪 エタニティ 0.3カラット ダイヤモンド
  • 婚約指輪 エタニティ 0.3カラット ダイヤモンド
  • 婚約指輪 エタニティ 0.3カラット ダイヤモンド
  • 0.30カラット ダイヤモンド 鑑定書

Engagement Ring Venus 0.30ct F VS1 3Excellent Pt900 from izuru on Vimeo.

●価格は258,000円(税込)です。

●中心に【0.30ct F VS1 3excellent】のダイヤモンド、両脇に直径1.5ミリのダイヤモンド×14個を留めています。両脇・合計0.18ctです。

●他の婚約指輪と同じく、中心のダイヤモンドにはGIAの鑑定書が付きます。

●プラチナが見える部分をなくし、ダイヤモンドだけが見えるように設計しています。

●エタニティリングの繊細な美しさを取り入れた婚約指輪です。

●繊細なデザインですが、厚さを維持し、なるべく強度を保つように注意して設計しています。

Venus ヴィーナス エタニティリングの美しさを取り入れた婚約指輪です。

新しい商品です。

名前はVenus・ヴィーナスと名付けました。
中心に0.3カラット、両脇に直径1.5ミリ・14個のダイヤモンドを留めています。

この婚約指輪のデザインの特徴は、上側から見た際に、ダイヤモンドだけが輝いて見えることです。

両脇のシャンク・腕はダイヤモンドの形状に沿った形になっています。
側面から撮影した写真を見ると、形がよく分かります。

これによって、上側から見たときにダイヤモンドだけが輝き、ダイヤモンドが浮いているように見えます。

エタニティリングの繊細さを取り入れた、とても美しいデザインです。

“使いやすさを大事にする” ダイヤモンドを留める位置を高くしないことによって、使いやすくしています。

エタニティリングを婚約指輪としてご購入なさるお客様は多いです。

お客様は「使いやすいからエタニティリングを選びました」とおっしゃいます。

「それならば、エタニティリングのように使いやすい婚約指輪を製作したら良いかな」と考え、Venus・ヴィーナスを設計しました。

直径1.5ミリのエタニティリングに、0.30カラットのダイヤモンドを加えたようなデザインなので、使いやすいと思います。

横から撮影した写真をご覧いただくと、中心のダイヤモンドの位置がそこまで高くないことがお分かりになることと思います。

日本人の手に着けたときに美しく見えるように、ダイヤモンドの位置はとてもこだわっています。

中心のダイヤモンドが0.30カラット、両脇が0.18カラットなので、合計0.48カラットになります。

他の婚約指輪と同じく、中心には【0.30ct F VS1 3excellent】のダイヤモンドを留めています。
両脇には直径1.5ミリ×14個・合計0.18ctのダイヤモンドを留めています。

トータルのダイヤモンドの重さは、0.30カラット+0.18カラット=合計0.48カラットとなります。

0.30ctのダイヤモンドにはGIAの鑑定書が付きます。

GIAはジェモロジカル・インスティテュート・オブ・アメリカ(Gemological Institute of America)の略です。
ダイヤモンドの鑑定の基礎を作った会社です。
GIAの品質の基準を元に、日本の鑑定機関も仕事をしています。

※以下は【0.30ct F VS1 3excellent】のダイヤモンドの鑑定書のサンプルです。

0.30カラット ダイヤモンド 鑑定書

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。