結婚指輪 デザイン 人気ランキング・購入のポイント



結婚指輪には様々なデザインがあり、金額も多岐に渡ります。
これからの人生を共にする2人にとって、結婚指輪は一生モノの大切なアイテムです。
お互いに納得して、気に入って身に着けられる指輪を見つけたいですね。

今回は現在結婚指輪をお探しの皆様に向けて、デザインのバラエティーをご紹介します。

リングの基本的な形

まず、結婚指輪の形について人気の高い順にご紹介します。

No.1甲丸

結婚指輪 デザイン 甲丸

シンプルな丸いフォルム。角がないデザインだから、指輪を着けたときによく馴染みます。
この使いやすさが、甲丸の一番の特徴です。
また、時代やファッションに左右されない普遍的かつ美しいシンプルなフォルムですので飽きずに使い続けられます。

No.2うねり(ウェーブ)

結婚指輪 デザイン うねり

全体的にウェーブが入った形で、やわらかな波状になっています。
形だけを見ると、男性にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、実際につけてみると「意外としっくりきた!」「かっこいい!」という反応がみられるのが、この形です。
女性用としては、さらにダイヤを加えることで、結婚指輪の表情がぐっと変わります。
特に以下のような指の方には、指を綺麗に見せる効果があります。
【太くて短めの指の人】
ふっくらとしたかわいらしい指の人は、ストレートでは指の太さが強調されてしまう傾向がありますが、「ひねり」が入った動きのあるデザインであれば指を長くすっきり見せることができます。
【細くて短めの指の人】
細い指の人は、さまざまなデザインを楽しめるのですが、指の短さが気になる場合はS字のゆるやかな曲線によって指を長く見せる効果が期待できます。

No.3平打

結婚指輪 デザイン 平打

指輪の外側が四角く、シャープなデザインになっています。
甲丸と同様に古くからある、ずっと愛されてきたデザインで、お二人が一生使うパートナーとして、相応しいデザインです。

No.4ミルグレイン

結婚指輪 デザイン ミルグレイン

ミルグレインとは、ジュエリーのエッジやライン部分に小さな地金(マテリアル)の玉を連続して打刻していく装飾技法のことです。
アンティークジュエリーのような、しっとりと落ち着いた重厚感を出すためにも用いられる技法です。
ミル打ちを施しているリングは「傷」が目立ちにくくなり、長い期間使用することでミル打ちを施した部分に立体感が現れ、独特な風合いが出てきます。
丸い柔らかいデザインの甲丸と、シャープなミルグレインが対照的でとても美しく、昨今人気のデザインです。

その他の形

●平甲丸
甲丸リングの表面をセミフラット(緩やかな平面)にした、ラウンド〈両甲丸〉よりシャープで存在感のあるデザインです。平内と比較すると角が丸く、やわらかな印象を与えるデザインです。指輪の厚さやカーブのつけ方によって印象・使い心地が大きく異なります。
●V字
結婚指輪のラインにくっきりとV字で強調されるデザインで、着けることで指先の印象がぐっと変わります。
シャープでスタイリッシュな印象ですが、以下の方にお勧めなデザインです。
【太くて短めの指の人】
「V字」によって、縦のラインが強調されるため、特に指を長く見せる効果があります。
太さもカバーできるため、気になる人にはおすすめです。
【細くて短めの指の人】
指が細い人は、あまりデザインのタイプを選ばないのですが、指の短さが気になる人には、V字デザインがおすすめです。

●しのぎ
平たいリング(断面が長方形)の事を「平打ちリング」といいますが、その両サイドを落とした形を「しのぎ」と呼びます。
しのぎ腕の由来は慣用句の「しのぎ(鎬)を削る」と同じく、
しのぎ(日本刀の刃と峰の間の斜めに面を取っている所)の形に由来しています。
しのぎ腕のリングは指が細く見えるので、細めのリングを探している方にとても人気です。
●剣腕
剣のように山型になった形のリングです。
主にストレートタイプのものに多く、ストレートに個性を出したいときに用いられるそう。
毎日身につける結婚指輪としては、使用感が気になりますが、ひっかからない程度に剣腕タイプに施されたものもあります。購入の際は一度身につけて、使用感を確かめてみましょう。

様々なアレンジ

ブランドによっては、基本のラインナップにオプションを追加したり、アレンジすることも可能です。

指輪の表面や裏側にダイヤを入れる

リングの表面にダイヤを入れることで華やかさが加わり、指輪の表情がぐっと変わります。
また、リングの内側にダイヤモンドや誕生石を留めるサービスも増えてきています。
石にはそれぞれ意味やパワーがあり、身につける人を守護してくれると言われています。

艶消しにする

ブランドによっては、つや消し(マット)の結婚指輪を製作することが出来ます。
リング表面の光沢を抑えた仕上げ方法なので、男性の方に人気のオプションです。
艶消しの注意点は使っている内につや消し加工は取れてきてしまうということです。

刻印を入れる

結婚指輪の裏側に刻印を入れるサービスは一般的です。文字数に限りがありますが、お互いへの愛のメッセージや忘れやすい記念日を刻印する方が多いです。
中には、家紋や好きな言葉、思い出の歌詞を入れる人もいるようです。
アルファベットだけでなく、日本語で刻印をすることも可能なので、オリジナリティのある刻印にすることをお勧めします。

裏彫りをする

リングの内側に好きなデザインを入れることが出来るブランドもあります。
ふたりだけの秘密のデザインを入れて、世界でたった一つの宝物にしてはいかがでしょうか。

鍛造にする

強度の強い、頑丈な結婚指輪をお捜しのお客様にピッタリのオプションです。
鍛造(たんぞう)の長所は強度が強いことで、鋳造(ちゅうぞう)と比較すると1.5倍~2倍くらい強度が強いです。
短所は細かいところまでデザインを追求できないことです。シンプルなデザインの指輪での使用をお勧めします。

オーダーメイドならではのアレンジ

オーダーメイドと既製品の指輪の大きな違いは、原型を「新たに作る」か「作らない」かの違いです。
本当のオーダーメイドは、原型をゼロから作ることから作業を開始します。
自ら選んだデザイン、素材により、世界に一つしか存在しない二人のためのジュエリーができあがります。
オーダーメイドで指輪を製作する場合のアレンジには以下のようなものがあります。
・男女の指輪を重ね合わせると一つの模様が浮かび上がる 
・指輪に、ダイヤではなく白蝶貝を入れる
・リングの表面にオリジナルの模様を入れる
・誕生石とカラーゴールドを組み合わせたリングにする

オーダーメイドなら、その他にも様々な工夫をすることができます。
理想のイメージをお持ちの方は、気軽にブランドに相談してみては。

※オーダーメイドの場合には、通常より納期が長くかかります。
オーダーメイドの場合、ご注文を承ってから納品するまでの期間は、2ヶ月~3ヶ月くらいかかるブランドが多いようです。
通常の商品より時間がかかるのは、原型を作るのに1ヶ月~2ヶ月くらい時間がかかる為。
オーダーメイドにする場合は期間に余裕をもって、納得するものが出来るように打ち合わせを進めていきましょう。

デザインを決める際の注意点

飽きがこない・使用しやすいものを選ぶ

マリッジリングは様々なデザインの商品が販売されています。
キャラクターブランドとのコラボ商品、カラーゴールドのリングなどが挙げられます。
一方、何年か経過すると「飽きてきた」「シンプルなものにすれば良かった」という意見になる方も多いようです。
また、角ばったデザインだと「衣服などに引っ掛かってしまう」「顔を洗うときに当たって痛い」といこともあります。
ブランドによっては、角張っていても使いやすいように配慮して設計されている指輪も多いです。
日々使用しやすいかどうか、意識して試着をしましょう。
毎日着けて過ごす、ということを意識して後悔のないリング選びをして下さいね。

購入するお店のアフターメンテナンスはしっかりしているか

指輪のアフターメンテナンスがしっかりしているかどうかも、重要なポイント。
アフターサービスの内容は、サイズ直しやクリーニング、傷磨き、歪み直し、刻印の変更などです。
ブランドによって保証期間・アフターサービスの金額が異なりますので、購入前にきちんと確認することをお勧めします。

婚約指輪との重ね付けができるか

 
結婚式への参列や特別な日のお出掛けなど、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けして出掛けたい日もありますよね。
ですから、2つの指輪を一緒につけた時のバランスを意識してリング選びをしたほうが良いでしょう。 

指のタイプ別 似合うデザイン

先ほども少し触れていますが、指の長さ・太さによって似合うリングのデザインも若干異なります。指のタイプごとに、似合うデザイン・避けたほうが良いデザインを挙げていきます。

太く短い指の人

【バランスの良いデザイン】
・センターストーン型:リングの中央にポイントを置くことで、指の太さを2分して細く見せます。
・ボリュームに変化があるデザイン:表情が出るので、指の太さが気にならず個性的に見えます。「うねり」はまさにこのタイプです。
・V字タイプ:指に縦のラインをつくるので、長く見えます。
【避けた方が良いデザイン】
・幅が広い:横のラインを強調してしまうため、余計に指が太く見えてしまいます。
・縦に長い:ラインとしては悪くないのですが、指が短いとリングが第二関節に近づいてしまい、指の短さが逆に協調されてしまいます。
・ボリュームがある:指の太さを強調してしまいます。
・きゃしゃ:リングが指のボリュームと極端に違うと、かえって指の太さを目立たせてしまいます。

太くて長い指の人

【バランスの良いデザイン】
・幅が広い:横のラインを強調しますが、指が長いのでバランスよく個性的になります。
・ボリュームがある:指のボリュームとのバランスが良いです。
・縦長:指の長さを強調することで太さを感じさせません。
・太めのV字タイプ:指を細く長く見せます。
【避けた方が良いデザイン】
・かわいい(華奢):大人っぽい雰囲気の指とイメージが合いません。
・きゃしゃ:指のボリュームと合いません。

細くて短い指、細くて長い指の人

細い指の人の場合は、概して様々なデザインを楽しむことが出来ます。あえて言えば、下記のバランスを抑えておくといいでしょう。
・きゃしゃ:指のイメージと合いやすいです。
※指が短いことが気になる場合は、「太くて短い指」で挙げたポイントと同様のバランスに注意して選びましょう。

一番大切なのは、夫婦2人が納得するデザインを選ぶこと

これまで、様々な結婚指輪のデザインを紹介してきましたが、忘れてはならないのは「2人が納得できるデザインを選ぶこと」です。

お揃いのデザインでなくても、大丈夫!

新婦、新郎の好みが大きく異なることもありますので、必ずしもお揃いのデザインでなくても大丈夫です。実際、別々のデザインでの注文を頂くこともあります。

エタニティリングを結婚指輪として使う女性も

エタニティリングは通常は結婚指輪としての販売はされていません。
ですが、その華やかさと使いやすさから、結婚指輪として購入する女性が急増しています。
飽きがこないデザインなので、永く使用して頂けます。
エタニティリングを結婚指輪として使用する場合は、「耐久性があるか」「引っ掛かりやすくないか」など注意して選ぶことが大切です。

お二人の指輪選びの参考にしていただければ幸いです。
IZURUではアレンジやオーダーメイドまで幅広く対応していますので、お気軽にご相談下さい。

結婚指輪の選び方


IZURUの結婚指輪一覧