人気の結婚指輪 IZURUが考える人気の結婚指輪のデザインについて!



結婚指輪と一口に言っても、最近では様々なものが販売されています。ゆえに、どれを選んだらよいのか分からないというお客様の声も多く耳にします。

結婚指輪とは、自分の身体の一部として一生肌身離さずに身に着ける結婚の証です。なので、ファッションで身に着けるリングに比べ、自分の好みという観点のみならず、強度や実用性など、色々な条件も加味しておくことが大切なのです。

そこで、一生お使いいただける、納得のいく結婚指輪選びのヒントとして、人気のある素材、デザインを中心にご案内します。

IZURUの結婚指輪はこちら

 

 

~おすすめの素材~

結婚指輪では、プラチナ、ゴールド、ホワイトゴールドなどが主流ですが、やはり人気はプラチナです。

ゴールドにおいては、華やかなイエローゴールドや、流行のピンクゴールドなどもありますが、一生身に着けるものとして、自分が何歳になっても素敵に着けられるという観点ではプラチナの方がより人気です。また、プラチナと同じ色味で価格もお手頃なため、ホワイトゴールドにも需要はありますが、ホワイトゴールドとは、白みがかった金色の金属にホワイトのコーティングをかけて白くしているものなので、長年使用していると、わずかにコーティングの下の金色が出てくることがあります。

それらと比べたうえで、プラチナ素材が人気な理由をご紹介しましょう。

 

・流行に左右されないプラチナ

プラチナの色はホワイトゴールドの白と一見同じように見えますが、よく注意して見るとその輝きは格別です。ホワイトゴールドのほうが軽いような白であるのに比べ、プラチナは重厚感の溢れるリッチな白色です。その色はしっとりとして上品に肌に馴染み、身体の一部となります。

 

・プラチナの耐熱性

プラチナの融解温度は1769℃です。火事であがる炎の温度が1200℃程度といわれていますので、それ以上の強さです。ちなみにゴールドの融解温度は1062℃なのでその差は歴然です。炎の中に結婚指輪を入れる機会はないとしても、その強い耐熱性に昔の人々はプラチナの加工にとても手惑い、とても高貴な金属と扱われていました。そんな高貴なリングこそが結婚指輪に最適な理由なのです。

 

・プラチナの強度

プラチナは柔らかくてキズが付きやすいので、ホワイトゴールドの方が安いしおすすめ、などと最近ではよく言われていますが、そんなことは決してありません。純プラチナは確かに柔らかいですが、他の金属をプラスすることで強度を上げています。

使用方法にもよりますが、Pt900の結婚指輪であれば、多少のキズはついても一生満足しておつけいただけます。むしろ、贅沢なプラチナに刻まれる、それらの細かいキズこそが、お二人の結婚の年月の美しい結晶なのです。歴史を経た落ち着いた輝きのプラチナの姿には、特別な想いを感じ取ることができます。

 

・プラチナに込められた意味

プラチナは金属の中で最も安定しているものです。他の金属のような酸化や硫化による変色が起こることはありません。稀に、硫黄の強い温泉などに入ると黒っぽくなってしまうことがありますが、それはプラチナ自体ではなく、強度を増すために練り込まれた他の金属が反応して起こる現象です。日常生活でプラチナが色褪せることは決してありません。つまり、永遠に続くプラチナの純白の美しさは、永遠を共にする二人の愛の象徴なのです。

 

 

~人気のデザイン~

近年、結婚指輪のデザインは豊富にあり、オーダーメイドすることさえできます。しかし結婚指輪は婚約指輪と異なり、日常的に着けるものなので実用性も大切です。

例えば毎日着ける場合、あまりダイヤなどの石と施しすぎると、石留め部分が引っ掛かりやすかったり、石揺れの可能性が高くなってしまい実用性に欠けてしまうので、常に身に着けたい方たちには数粒のダイヤを施したもの、あるいは石無しのものが人気です。

そして、何よりも重要なイメージを決定づけるもの、それがリングの形です。そこで、結婚指輪の形の三本柱となる人気の形をご紹介します。

 

 

・定番ストレートデザイン

実用的でシンプルなストレートラインが人気です。その理由は、結婚指輪としてのイメージが強いというのもありますが、流行にも左右されず、飽きが来なく、また女性は他のアクセサリーなどとの相性も考え、などという点が挙げられます。男性にもシンプルなので、抵抗なくつけることができると人気です。リングの幅や太さは着け心地によって人それぞれですが、細すぎると強度に欠け、太すぎると小指と中指に当たるので、ある程度平均的なものをおすすめします。

また、結婚10周年などの節目の記念日に、エタニティーリングというダイヤがぐるっと入ったリングを将来的にお持ちになりたいとお考えの方にとって、エタニティーとの重ねづけが美しくできるストレートラインはとても人気です。

 

・指を美しく見せるウェーブデザイン

指に流れるようなラインでまとわれるアシンメトリーなウェーブラインも人気です。最近ではゴツゴツした印象のものよりも、繊細でさり気ないものの方が流行ですが、あまり華奢すぎては強度が劣ってしまいます。そこで、ある程度の太さを保ちながらも、ストレートより指馴染みをよくしたものがウェーブラインです。

細かくキズを付け加工する艶消し施しナチュラルさを出したり、細かいドットを打ちアンティーク感を出すミル打ち加工をするなど、オリジナルな結婚指輪にすることも人気です。女性用はダイヤを散りばめ、限りなくデザインリングに近い形でお楽しみいただくこともできます。

 

・指を長く見せるV字デザイン

V字のラインは、指をすっきりと長く見せる効果があるので、指の長さや太さにコンプレックスをお持ちの方にも人気のデザインです。また、女性の憧れであるダイヤモンドの施されたシンプルな婚約指輪との重ねづけをご希望の方にもピッタリです。一昔前のV字型リングというと、尖ったイメージで古めかしい印象ですが、最近では優しいカーブのV字など、デザインも豊富にありますので、お好みのV字リングをお手にされる方が多くいらっしゃいます。

 

・着け心地のよい内甲丸

リングの装飾も重要ですが、着け心地重視の方には、内甲丸が人気です。指に当たるリングの内側の面が半円形になっているもので、その着け心地は抜群です。ずっと着けていても違和感や疲れることがありません。特に幅の広いデザインでこの感覚の差は大きく感じられます。

 

一生涯を共にする結婚指輪には溢れるほどの想いが募ります。特に女性は、ダイヤがキラキラと沢山入ったものや、奇抜でオリジナルなものが良いなどとの意見を数多く持ちますが、後悔することのない選択が必要です。

流行に合わせたり、デザイン性を重視した選択をされるのももちろん自由ですが、使い心地に満足がいかず、残念ながらも数年後に買い替える方も多くいらっしゃいます。その分の出費を記念の旅行やお食事に使いたかった、または同じ指輪を一生使いたかったと嘆く方も少なくありません。

これらの人気のポイントがヒントとなり、皆様にとって素敵で最適な結婚指輪が選ばれることを心から祈っております。

 

結婚指輪の選び方


IZURUの結婚指輪一覧