婚約指輪にお金を使いたくない男性に、女性はどう向き合うべきか?

カテゴリ

たまに以下のようなケースについて考えます。

婚約指輪に全くお金を使いたくない男性に対して、女性はどのように向き合うべきなのか?

というのも、私は日頃から結婚するカップルにお会いしています。
ごく稀に“婚約指輪に全くお金をかけたくない”と考えている男性とお会いします。

世の中には色々な考え方があるということに気づかされます。

今回は、『婚約指輪にお金を使いたくない男性との向き合い方』このテーマについて考えたいと思います。あくまでひとつの考え方として、参考になれば幸いです。

※どちらかというと、女性側に立ったテーマです。次回は男性側に立った視点で文章を書きます。
※もちろん、婚約指輪を必要としない女性もいます。この点は誤解がないように書いておきます。

多くの女性にとって“特別”な婚約指輪

世の中には、婚約指輪を必要としない女性もいます。しかし、多くの女性は結婚する際に婚約指輪がほしいと考えていているのもまた事実です。

それに対し、男性の中には「婚約指輪は必要ない」……オブラートに包まずに言うと、無駄な物だと考える人もいます。私達のような第三者が色々と言うのも良くありませんが、悩ましい状況ですね。

プロポーズは人生において最上級に幸せな瞬間

婚約指輪は女性にとって特別な意味があります。男性が婚約指輪を買うことに乗り気でないと、少し寂しいですよね。

たぶん、多くの女性が「多くは望まないけど、自分の人生で素敵な出来事が起こってほしい」と考えているはずです。プロポーズは人生の中でも素敵な出来事の最上級です。だからこそ、女性はプロポーズの際は美しい婚約指輪を望みます。

これは女性のワガママでしょうか。
私はワガママではないと思います。

長い人生、色々と大変なことがあると思います。だからこそ、プロポーズの時くらいは女性に夢を見てもらいたい。私達はこんな風に考えています。

結婚をするときは人生で最も楽しいときです。

男性が女性を喜ばそうと頑張ったことは、女性はよく覚えています。こういった嬉しい記憶が、大変なときの支えになることがあります。

新郎になるすべての男性に気づいてほしいこと

一部の男性から見ると、婚約指輪は無駄な物に見えるかもしれません。ただ、強く輝くダイヤモンドの婚約指輪を受け取ったときの女性の顔は、本当に嬉しそうです。その顔を見ると、「買って良かった」と思う男性も多いです。

結婚に向けて、色々とお金が必要です。
余裕があれば良いけど、金銭的なことを考えると婚約指輪に使うお金がない。もったいないと感じる。」それもまた仕方がないことです。

だから、このようにしてみるのはどうでしょうか。無理のない予算で、婚約指輪のような分かりやすい形で女性を大切にしていることを伝えましょう。

『形』にすることで、気持ちがダイレクトに伝わる


女性は“男性が自分に対してどれだけのエネルギーを注いでいるか”を見ています。金額の多寡ではないと考えている女性が多いです。婚約指輪に限らず、分かりやすい形が良いと思います。男性が頑張って自分を喜ばせようとしていることを感じると、女性はとても喜びます。今まで多くのカップルとお会いしましたが、これは事実です。

女性が心から喜ぶと、結婚式までスムーズに物事が進みます。
あまり婚約指輪の購入に乗り気ではない男性を見ると、女性は「これから、この人は私を大事にしてくれるのだろうか」と結婚に対し不安を感じてしまいます。この心理は男性側から見ると分かりにくいかもしれません。

長い人生の中で、女性が心から喜んでくれる機会は少ないです。だから、プロポーズの時は無理のない範囲でエネルギーを注いでください。きっと、後からボディーブローのように効いてきます。

オー・ヘンリーの【賢者の贈り物】のようなカップルのエピソード

少し脱線しますが、ここでエピソードをひとつ。

先日、こんなカップルが弊社にお越しになりました。

カップルのお付き合いは長いようです。少なくとも5年以上のお付き合いです。早い段階で結婚を決めたそうですが、経済的な理由から先に二人で貯金をすることを決めたそうです。ようやくお金が貯まり、弊社に結婚指輪を購入するためにお越しになりました。

結婚には色々とお金がかかるので、当初、お二人は結婚指輪だけご購入なさる予定でした。結婚指輪も決まってお話が終わりかけたとき、新郎が「婚約指輪も買おう」と話し始めました。新婦は「そんなお金はないわよ」と反対しました。活発でハキハキした口調で話す女性です。

新郎は温和な口調で、でも、ハッキリと「婚約指輪を買おう」と再び言いました。そんな新郎を見て、新婦も感動したようです。嬉しさを含みながら、「そこまで言うのなら、婚約指輪を買おうか。ホントに良いの?」と言い、新郎が「良いよ」と婚約指輪も買うことが決まりました。

お二人を見ていて、心が温まりました。お互いを思いやる、オー・ヘンリーの【賢者の贈り物】を読み終わったときのような感覚です。

そろそろ、結婚指輪と婚約指輪が完成する頃です。
私が責任を持ってダイヤモンドを選びました。

婚約指輪は、二人にとって特別なものになる


「婚約指輪は必要ない」
二人で話し合い、本当にそう思うならそれも良いと思います。

しかし、婚約指輪は二人にとって特別なものになります。

長い人生、色んな幸せな出来事があるでしょう。幸せに順位をつけることはできませんが、その中でも、プロポーズは女性にとって最上級の瞬間です。だからこそ、男性は最善を尽くしましょう。……あくまで無理のない範囲で。

次回、男性側の視点で文章を書きます。
男性に寄り添った内容なので、より共感していただけるかもしれません。

 

(文 / 代表・石川祐吉)

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。