Pt900・Pt950・Pt1000とは?プラチナの種類・純度の違いと指輪の選び方



プリンセスカット 結婚指輪 エタニティリング

Pt900を使用したIZURUの結婚指輪はこちら

素材をPt950に変更することも出来ます。

金属アレルギーのお客様のために、弊社の考えを書きました。

結婚指輪や婚約指輪などに使わる代表的な素材がプラチナ。
そのプラチナにも純度により【Pt900】、【Pt950】、【Pt1000】、【ハードプラチナ】などの種類があり、購入される場合は迷われることと思います。

そこでプラチナの種類による違いと、結婚指輪、婚約指輪を選ぶときに参考になる点をまとめました。
プラチナ【Pt1000】が結婚指輪や婚約指輪として選ばれない理由、プラチナ【Pt900】、【Pt950】が選ばれる理由を詳しく説明しています。

またティファニー・カルティエ・ハリー・ウィンストンなど、高級ブランドの結婚指輪にはプラチナ【Pt950】が使われる理由も、結婚指輪、婚約指輪を販売するIZURUが専門家の視点で解説します。

もし既にプラチナの指輪をお持ちでしたら、プラチナの種類が内側に刻印されているかもしれません。

ご興味がありましたら、ご覧になってみてください。

■プラチナとは

ジュエリーの世界ではPt1000・Pt950・Pt900・Pt850がプラチナの商品だと定義されています。
その中で、結婚指輪や婚約指輪の素材として使わることが多いのが【Pt900】【Pt950】の2種類です。

【Pt】の後の数字は、プラチナの純度を表しています。

【Pt1000】は、プラチナ100%という意味です。
ただし、実際には純度100%のプラチナは存在せず、99.95%が限界。

また、稀に【Pt100】と書かれた商品があります。
一見すると、純度が高いと勘違いしてしまいますが、これはプラチナ純度10%の意味ですので、ご注意ください。

■Pt900・Pt950が結婚指輪や婚約指輪に選ばれるわけ

せっかく結婚指輪や婚約指輪を買うのであれば、純度が高い方がいいと思われるかもしれませんが、【Pt1000】を使うことはあまりありません。

主な理由は2つです。

1.プラチナ【Pt1000】は強度が弱い
2.プラチナ【Pt1000】は色が黒い

プラチナは柔らかく粘るという特性を持った金属です。
この粘る特性に目を付け、加工してジュエリーとして使われるようになりました。
ただ、プラチナの純度が高い【Pt1000】だと強度が弱いため、結婚指輪や婚約指輪には向きません。
このため、他の金属を混ぜて強度を強くした【Pt900】や【Pt950】が主に使われています。

もう一点。
プラチナ【Pt1000】は黒みがかった白色をしています。
多くの方がイメージされるような結婚指輪や婚約指輪にするためには、もっと白くする必要があり、パラジウムのような白い金属を混ぜ【Pt900】や【Pt950】を作っているのです。

■結婚指輪・婚約指輪を購入する際のPt900・Pt950の選び方

結論から先に書くとプラチナ【Pt900】も【Pt950】も優劣はありません。

Pt900の特徴

Pt900は加工がしやすいことから日本国内の指輪によく用いられています。
メリットとしては軽いことが挙げられます。
幅が太く重い指輪の場合、Pt900の方が軽くなるので使いやすいと思います。

Pt950の特徴

ティファニー・カルティエ・ハリー・ウィンストンなど、高級ブランドの結婚指輪にはプラチナ【Pt950】がよく使われています。

そう聞くと「やっぱり高級ブランドが採用している素材の方がいいのかな」と思われがちですが、外国には「プラチナのジュエリーはPt950以上にしてください」という法律があるため、Pt950が使用されているのです。

これは海外ではK18・イエローゴールドが主流でプラチナを使うことが少ないからです。
諸説ありますが、プラチナを使うことが少ないので、「Pt950にまとめよう」という考えになったようです。

現在は、細くて薄い結婚指輪が主流です。
こういった指輪は強度が弱いため、ルテニウムという金属を2%くらい混ぜて使います。
そうすると、一気にプラチナは硬くなり、これを【ハードプラチナ】といいます。

他のサイトでハードプラチナは修理が大変だと書いてありましたが、そんなことはありません。
ハードプラチナでも修理は可能です。
ご安心ください。

また指輪の重さはプラチナ【Pt950】の方が【Pt900】より重くなります。

このため、価格面ではプラチナ【Pt950】の指輪の方が【Pt900】を使ったものと比較して5,000円~10,000円程度割高です。

弊社では、プラチナ【Pt900】、【Pt950】のどちらの素材を使っても品質に大差はないと考えています。

ちなみに、紛失してしまったり、キズが付いてしまったりする可能性があるので基本的にはおすすめしませんが、プラチナ【Pt900】、【Pt950】であればどちらも温泉で変色を起こすことはありません。

どの素材でも丁寧に結婚指輪・婚約指輪を製作いたします。
ご安心ください。

専門家の視点からプラチナについてもう少し詳しい知識を書きます。

2018年 最新のプラチナ Pt900・Pt950・Pt1000の相場ついてご説明いたします。

会社によってわずかに数字は違いますが、2018年1月24日(水)のプラチナの相場は以下の通りです。

■Pt1000 3,595円
■Pt950 3,615円
■Pt900 3,630円

上記のようにPt900の価格が高い不思議な状況がしばらく続いています。

こういった状況が続く理由はプラチナの価格が下がり、プラチナに混ぜるパラジウムの方が価格が高くなっているからです。

10年以上、結婚指輪や婚約指輪を販売してきましたが、初めて見る現象です。

2018年、【Pt900】と【Pt950】の価格の違いは1グラムあたり15円くらい。Pt900の方が価格が高いです。

プラチナ【Pt950】は高級なイメージがあるかもしれませんが、【Pt900】と【Pt950】の価格の違いは1グラムあたり15円くらいです。

なおかつ、Pt900の方が高いです。

このように書くと【Pt900】と【Pt950】のイメージが少し変わるかもしれません。
上でも書きましたが、Pt950の方が重いから価格が高くなります。

ジュエリーにプラチナを大々的に使い始めたのは、「カルティエ」の3代目の「ルイ・カルティエ」です。

少し脱線します。

ちなみに、プラチナをジュエリーに大々的に使い始めたのは、「カルティエ」の3代目の「ルイ・カルティエ」です。
彼はレジェンドです。
本当に天才だと思います。

それまで、ジュエリーに使う白い金属はシルバーがメインでした。
ただ、シルバーには酸化して黒くなるなどの欠点があって、この問題を解決するためにプラチナが使われるようになりました。

ルイ・カルティエは天才的なセンスを持った人で、彼が手がけた作品は本当に素晴らしいです。
特にティアラが美しいです。

この話を書くと長くなるので割愛しますが、ジュエリーがお好きな人は調べてみてください。

戦後の長い間、作業が楽で集中して仕事が出来るから、日本の職人は結婚指輪にパラジウムが10%入ったプラチナ【Pt900】を多く使ってきました。

それでは、なぜ日本の職人はプラチナ【Pt900】を結婚指輪に使うのでしょうか。
答えはとてもシンプルで「作業が楽だから」です。

昔は今のような便利な機械はありませんでした。
なおかつ、好景気で注文が多い時代です。

作業の効率をなるべく高くする必要がありました。

ジュエリーに使われる金属の中で、【Pt900 パラジウム10%】は一番トラブルが少なく、職人も「作業が楽だ」といいます。

職人にとって作業が楽ということは、とても大事なことです。
作業が楽な方が、集中して仕事が出来ます。

ジュエリーの製作に関わる人ならば、多くの人が同じ考えを持っていると思います。

ただ、現在は細くて薄い結婚指輪が主流です。
こういった指輪は強度が弱いです。

プラチナは柔らかいので、柔らかさを補うためにルテニウムという金属を2%くらい混ぜます。
そうすると、一気にプラチナは硬くなります。
これを【ハードプラチナ】といいます。

この素材も硬さゆえのメリットとデメリットがありますが、機械が発達して製作時の問題がほとんどなくなりました。
現在、結婚指輪と婚約指輪にハードプラチナのPt900とPt950を使うことが、ジュエリー業界の主流になっています。

【まとめ】2018年、Pt900とPt950に価格の違いはありません。素材に優劣はありません。重さだけ違うとお考えください。

以上のように、【Pt900】と【Pt950】に価格の違いはありません。
素材に優劣はありません。
どちらも修理は可能です。

■Pt900の方が軽い、Pt950の方が重い。
■Pt950の方が重いので、価格が高くなる。
■2018年、1gあたりの価格の違いは15円くらいで、Pt900の方が高い。

どちらの素材を使っても品質は同じです。
どの素材でも丁寧に結婚指輪・婚約指輪を製作いたします。
ご安心ください。

Pt900を使用したIZURUの結婚指輪はこちら

素材をPt950に変更することも出来ます。

結婚指輪の選び方

結婚指輪の選び方

IZURUの結婚指輪一覧



IZURUの結婚指輪一覧