結婚指輪の素材 プラチナ[Pt900・Pt950・Pt1000の違い]



about3_photo
Pt900を使用したIZURUの結婚指輪はこちら

素材をPt950に変更することも出来ます。

 

結婚指輪の材料のプラチナは、大きく分けると3種類です。

結婚指輪の素材には、プラチナを使うことが多いです。
大きく分けると【Pt900】・【Pt950】・【Pt1000】の3種類です。
細かく分類するとキリがないので、以上のようにシンプルに分けて、文章を書きます。

 

 

プラチナは【Pt1000】で100%を意味します。

ほとんどのお客様はプラチナに馴染みがないと思います。
プラチナは【Pt1000】で100%を意味します。
でも、100%のプラチナは存在せず、99.95%の純度が限界です。

【Pt1000】はプラチナ100%を意味していますが、実際の純度は99.9%になります。
本当は【Pt999】と書けば正確なのですが、ジュエリー業界の慣習上、いまだに【Pt1000】と書かれている商品もあります。

 

 

プラチナ【Pt1000】を結婚指輪に使わない理由は、主に2つです。

さて、この純度99.9%のプラチナ【Pt1000】ですが、結婚指輪に使うことはあまりありません。
主な理由は2つです。

1.プラチナ【Pt1000】は強度が弱いから
2.プラチナ【Pt1000】は色が黒いから

シンプルですね。
まず、プラチナ【Pt1000】の強度ですが、あまり強くありません。
元々、プラチナは柔らかくて粘る金属です。

このような特性を持っていたから、ジュエリーに使われるようになりました。
ただ、プラチナ【Pt1000】だと強度が弱いので、他の金属を混ぜて強度を強くした【Pt900】や【Pt950】を使っているわけです。

次に、プラチナ【Pt1000】は色が黒いです。正確に言うと、「黒みがかった白色」です。
より白色の金属にするため、パラジウムのような白い金属を混ぜて【Pt900】や【Pt950】を作ります。

 

 

プラチナを大々的に使い始めたのは、「カルティエ」の3代目の「ルイ・カルティエ」です。

ちなみに、プラチナをジュエリーに大々的に使い始めたのは、「カルティエ」の3代目の「ルイ・カルティエ」です。
それまで、白い金属と言えばシルバーがメインでした。
ただ、シルバーには酸化して黒くなるなどの欠点があって、この問題を解決するためにプラチナが使われるようになりました。

ルイ・カルティエは天才的なセンスを持った人で、彼が手がけた作品は本当に素晴らしいです。
この話を書くと長くなるので割愛しますが、ジュエリーがお好きな人は調べてみてください。

 

 

結婚指輪に使われるプラチナは、だいたい【Pt900】か【Pt950】です。

以上のような理由で、プラチナ【Pt1000】を使う機会は少ないです。
結婚指輪には【Pt900】か【Pt950】のプラチナが使われることがほとんどです。
それでは、【Pt900】と【Pt950】を比べると、どちらが優れているのでしょうか?

先に結論を書くと、【Pt900】と【Pt950】にはそれぞれにメリットがあり、どちらも素晴らしい素材です。
【Pt900】と【Pt950】について、もっと詳しく書いてみましょう。

 

 

 法律の規制があるため、海外のブランドはプラチナ【Pt950】を使います。

銀座を歩くと、海外の高級ブランドがたくさんあります。
ティファニーやカルティエなど、このような高級ブランドの結婚指輪にはプラチナ【Pt950】がよく使われています。

ティファニーやカルティエの結婚指輪にプラチナ【Pt950】が使われていることを知ると、「やっぱり高級ブランドは素材も高級なのかな」とお客様は思うかもしれません。

確かに、その一面はあるのですが、本当の理由は外国には「プラチナのジュエリーはPt950以上にしてください」という法律があるからです。

 

 

 【Pt900】と【Pt950】の価格の違いは、1グラムあたり100円くらい。

プラチナ【Pt950】は高級なイメージがあるかもしれませんが、【Pt900】と【Pt950】の価格の違いは、1グラムあたり100円くらいです。
このように書くと【Pt900】と【Pt950】のイメージが少し変わるかもしれません。

もう少し詳しく書くと、女性用の結婚指輪はプラチナを5グラムくらい使います。
そして、【Pt950】の方が【Pt900】より少し重いです。
重いので、【Pt950】で結婚指輪を作る方が、コストが多くかかります。

ちゃんと計算すると、【Pt900】と【Pt950】の結婚指輪のコストの差は5,000円~10,000円くらいになります。

 

 

作業が楽で集中して仕事が出来るから、日本の職人は結婚指輪にパラジウムが10%入ったプラチナ【Pt900】を使う

それでは、なぜ日本の職人はプラチナ【Pt900】を結婚指輪に使うのでしょうか。
答えはとてもシンプルで「作業が楽だから」です。

たぶん、ジュエリーに使われる金属の中で、【Pt900】は一番トラブルが少なく、職人も「作業が楽だ」といいます。
職人にとって、作業が楽ということは、とても大事なことです。
作業が楽な方が、集中して仕事が出来ます。

ジュエリーの製作に関わる人ならば、みなさん同じ考えを持っていると思います。

このような理由で、基本的にジュエリーには【Pt900・プラチナ90%・パラジウム10%】を使うのが良いと思います。

 

 

もちろん、プラチナ【Pt950】も素晴らしい素材です

誤解があってはいけないので付け足すと、プラチナ【Pt950】も素晴らしい素材です。
既に【Pt950】の指輪をお持ちのお客様も、ご安心ください。

 

 

ハードプラチナは丈夫だけど、作業をするときにトラブルが起きやすいので、注意して製作する必要があります

一般的に、【Pt950】は【Pt900】より柔らかいので、柔らかさを補うために、ルテニウムという金属を2%くらい混ぜます。
そうすると、一気にプラチナは硬くなります。
これを【ハードプラチナ】といいます。

※Pt900もルテニウムを2%くらい混ぜると、ハードプラチナになります。

しかし、ハードプラチナにすることによって、デメリットもあります。
ルテニウムを混ぜた【Pt950】は硬いので、金属を流し込むときに空気の気泡が出来やすく、それが後でトラブルの元になります。
このため職人はハードプラチナの【Pt950】より、普通の【Pt900・プラチナ90%・パラジウム10%】を好みます。

【Pt950】のトラブルを避けるために、金属を流し込む段階から注意して作業する必要があります。
金属を流し込んだ後に、空気の気泡が多くないか確認しながら、磨きの作業を進めます。
空気の気泡を見つけた場合は、レーザーで修正しながら作業を進めます。

この工程はティファニーでもカルティエでも同じです。
ご安心ください。

 

 

ハードプラチナにもメリットはあります。

上記でデメリットを書きましたが、ハードプラチナにもメリットはあります。
細い結婚指輪を製作するとき、普通の【Pt900】や【Pt950】だと変形しやすいです。

細い結婚指輪の場合は、ハードプラチナを使用した方が良いです。
変形に強くなります。

 

 

【まとめ】ケースによって、素材を使い分けることが大事です。

以上のように、【Pt900】と【Pt950】は、それぞれにメリットが違います。
指輪の形状やお客様のご要望に応じて、柔軟に素材を使い分けることが大事です。
お客様のニーズを深く理解して、最適なご提案をするのが私達の仕事です。

 
Pt900を使用したIZURUの結婚指輪はこちら

素材をPt950に変更することも出来ます。

結婚指輪の選び方


IZURUの結婚指輪一覧