この婚約指輪 おばあちゃんになっても使える?

カテゴリ

「婚約指輪 おばあちゃん」、このキーワードで検索している方が多いです。

色々な需要を推測することができますが、今日は以下について書きます。
まとまりのないコラムですが、お許しください。

1.おばあちゃんになっても似合う婚約指輪はありますか?

弊社の婚約指輪をご購入なさる方は20代・30代の女性が多いです。

40年後、50年後にご購入なさった指輪が似合うか? と考えると、少し厳しいかもしれません。

やはり、時代の移り変わりと共に美しいと感じるデザインも変わります。そこで、私は婚約指輪をリフォームすることをおすすめしています

デビアスのCMと同じですが、「ダイヤモンドの輝きは永遠」です。掃除をすれば、ダイヤモンドは美しい状態を保つことができます。

※IZURUでは自社商品のみリフォームを受け付けています。

年齢によって、女性の好みは変わります。
その都度、ご自身が美しいと感じる指輪を身に着けるのが一番良いと思います。

2.将来のリフォームを考えると、0.2ctのダイヤモンドは避けて、0.3ct以上のダイヤモンドを使った方が良い。

おばあちゃんになると、小さいダイヤモンドが似合わなくなります。これは仕方がないことだとお考えください。

ご予算の範囲であれば、0.3ct以上、欲を言えば0.5ct以上のダイヤモンドでも良いかもしれません。

現在、0.2ctのダイヤモンドを使った婚約指輪はとても多いですが、リフォームのことを考えると少し小さいです。

ダイヤモンドが十分に大きければ、リフォームの際に美しく決まります。この辺の情報はお店では教えてもらえないことが多いので、参考になれば幸いです。

3.余計なことは考えず、今の感性を大事にして婚約指輪を決めれば良いと思います。

【おばあちゃんになっても似合う 婚約指輪】というテーマで、余計なことを書いたかもしれません。

つい、人は将来のことを考えてしまいますよね。私も同じです。

先ほど、ダイヤモンドが大きい方が、将来リフォームをする際に楽だとお伝えしました。でも、将来のことを考えすぎると、婚約指輪を選ぶのに疲れてしまいます。

将来のリフォームをおすすめしていますが、大事なのは【今】です。今、ご自身が好きだと思う婚約指輪を身に着けるのが、一番楽しいです。

将来、婚約指輪が似合わなくなったら、パートナーに新しい指輪を買ってもらう。このくらいサッパリとした気持ちでお買い物を楽しんでください。

具体的におばあちゃんでも似合うデザインって、どのような物ですか?

シンプルな答えですが、ボリューム感のあるデザインです。
弊社で言うと、以下のような指輪です。

オーダーメイドのフラワーリング。合計0.87カラット D VVS1 3EXオーダーメイドのフラワーリング
こういうデザインだと、0.2ctくらいのダイヤモンドを使っても美しく決まります。

 

ダイヤモンドの大きさにこだわったオーダーメイドの婚約指輪
おばあちゃん 婚約指輪
0.3ctのダイヤモンドを使っていますが、とても豪華です。

 

宙に浮いたダイヤモンド ソリティア・立て爪なし 0.5カラットのダイヤモンドを使った指輪
おばあちゃん 婚約指輪
0.5ct以上の大きい婚約指輪をお持ちならば、こういうデザインも落ち着いて見えて良いですね。

 

IZURUの婚約指輪をご購入いただき、時間が経ったら上記のようにボリューム感のあるデザインにリフォームするのも良いと思います。

参考になれば幸いです。

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。