自分だけが知っている。シークレットストーンのロマンス

カテゴリ

シークレットストーンに込める想い

指輪の裏側には、秘密がある

一見なんの変哲もない指輪。
実は、その裏側には秘密があるかもしれない。

刻印? そう、刻印もひっそり仕込む秘密のひとつ。
でも、ほかにも秘密はある。

シークレットストーンだ。

エメラルド
結婚指輪なら、お互いの誕生石を留めてるのも良い。
普段は見えない指輪の裏側。

ふたりだけが、もしくは、自分だけが知っている。そんな石を仕込む……なんとロマンチックなことなのだろうか。

シークレットストーンといえば、誕生石を留めるのが王道です。

月ごとの誕生石は下記のとおり。
IZURUではそれぞれ2,980円で誕生石(直径1.2ミリ前後)を留めることができます

1月の誕生石:ガーネット
ガーネット

2月の誕生石:アメシスト
アメジスト

3月の誕生石:アクアマリン
アクアマリン

4月の誕生石:ダイヤモンド
ダイヤモンド

5月の誕生石:エメラルド
エメラルド

6月の誕生石:ムーンストーン
ムーンストーン

7月の誕生石:ルビー
ルビー

8月の誕生石:ペリドット
ペリドット

9月の誕生石:サファイア
サファイア

10月の誕生石:トルマリン
トルマリン

11月の誕生石:トパーズ
トパーズ

12月の誕生石:タンザナイト
タンザナイト

誕生石。
なぜか見ているだけで、胸がときめく。

王道は誕生石ですが、もちろん独自の選び方をするのもOK。
誕生月石ではなく、誕生日石というのもあるし、思い入れのある石があればそれを選んで自分だけの意味を込めるのもまた良い。

ひっそり仕込む誕生石には、それぞれにしかわからない“特別”がある。
刻印のように文字に託すのではなく、神秘なる“宝石”に込める想い。

永遠の愛の誓い。
自分への誓い。
大切な人への誓い。

内側に込めた秘密は、きっと背中を押してくれる力になる。

【誕生石にまつわる豆知識】
誕生石に使われる宝石にもグレード(品質)があります。
シークレットストーンとして使う約1.2ミリの誕生石の場合、肉眼では品質の差はわかりません。
でも、だからと言って品質の低い誕生石を留めることはしません。丁寧に製作した結婚指輪です。コストを無視して、品質の高い宝石を発注しています。
結婚指輪に使う誕生石を販売している日本の会社では、スワロフスキーの関連会社の【シグニティ・ジャパン株式会社】が有名です。仕入れの価格は高いですが、そこを曲げないのがIZURUのこだわりです。

※デザインによってはシークレットストーンを留められないものもあります。記載がない商品やオーダーメイドについてはお問合せをお願いいたします。

 

(文・小泉まみこ)

CONTACT

各種ご相談受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。