ダイヤモンドの品質

一生の中で、婚約指輪を買う機会は、ほとんどありません。

そのため、「何を基準にしてダイヤモンドを選んだらいいのか、分からない」と、多くのお客様はお考えになります。
ほとんどのお客様は、結婚情報誌で情報を集めて、婚約指輪をお買い上げになるようです。

結婚情報誌には、嘘は書かれていません。しかし、私は情報が不十分だと思います。
良いダイヤモンドの条件は、いくつかあります。それらの条件を以下に挙げます。

  1. Carat(重さ)は0.3ct以上
  2. Clarity(キズ)はVS以上(10倍に拡大するレンズで見てキズの発見がやや難しい)
  3. Cut(形)はExcellent(エクセレント)理想的なプロポーション
  4. Color(色)はF以上(無色)

以上の要素が良くなるほど、ダイヤモンドの品質が高くなります。
結婚情報誌では、この中のCarat(重さ)はあまり取り上げられません。

それはなぜでしょうか。理由は簡単です。
Carat(重さ)を前面に押し出して書くと、割高だとお客様に見抜かれてしまうからです。
一般的にたくさん広告を出したり、一等地にお店を構えたりしている会社の商品は、
粗利を多くしなくては経営が成り立ちません。だから、どうしても割高な価格になってしまいます。

弊社はダイヤモンドの専門家です。
このページでは、ダイヤモンドについて専門的なことを書きます。

基本的に、ダイヤモンドを使うのは婚約指輪です。
それでは、ダイヤモンドの専門家から見て、良い婚約指輪とはどのようなものでしょうか?

私は実際にお客様が身に着けて、「この指輪を買って正解だった」と感じることが、重要だと思っています。
よって、あまり重要ではないこだわりは捨てて、お客様のご家族やご友人から、
「素敵な指輪だね」と言っていただけるような、ダイヤモンドの条件をお話ししたいと思います。

以前、IZURUのお客様から、他店でご購入された婚約指輪を見せていただいたことがありました。
それは、最大手の結婚情報誌に掲載されている、有名なブランドの指輪でした。
可愛らしいデザインで、若い彼女にはよくお似合いだったのですが、ダイヤモンドの量がとても少ないと感じました。

この話を書いた理由は、「ダイヤモンドの量は多いにこしたことはない」ということを、お伝えしたかったからです。
婚約指輪にとって、ダイヤモンドの量はとても大事なポイントです。だから、一番初めに書きます。


ダイヤモンドの量・重さ

ダイヤモンドはct(キャラット)という単位で、重さを表します。

1ct(キャラット)=0.2g(グラム)です。

婚約指輪には、0.3ct以上のダイヤモンドを使った方がいいと、私は思います。
それ以下だと、ボリューム感がなくなってしまい、ダイヤモンドを使った指輪の良さが無くなってしまいます。

使用するダイヤモンドは、0.3ctの大きなダイヤモンドが一粒でもいいですし、
小さいダイヤモンドを多く使って、トータルで0.3ctでもいいです。
とにかく全体で0.3ct以上になることが、大事なポイントです。

ダイヤモンドは光の宝石です。ダイヤモンドの量が多い方が、キラキラと力強く光ります。
ぜひ、たくさんダイヤモンドが使われている、婚約指輪をお買い上げください。


ダイヤモンドのキズ

次に、キズ(透明度)について書きます。

業界では、キズのことをClarity(クラリティー)と言います。
種類が多くて頭が痛くなりそうですが、ダイヤモンドのキズの種類を列挙します。
番号が若い方がキズの少ないダイヤモンドです。

  1. FL(フローレス)-内側にも外側にもキズが全くない。
  2. IF(インターナリー フローレス)-内側にキズが全くない。
  3. VVS(ブイブイエス)-10倍に拡大するレンズで見てキズの発見が難しい。
  4. VS(ブイエス)-10倍に拡大するレンズで見てキズの発見がやや難しい。
  5. SI(エスアイ)-10倍に拡大するレンズでキズを発見するのは簡単だが肉眼では難しい。
  6. I(アイ)-肉眼でキズを簡単に発見できる。

以上のように、細かく分かれています。
【FL】と【IF】は、ダイヤモンドの取扱量全体の中で、ほんの少ししかありません。
結婚情報誌などでは、【FL】や【IF】のダイヤモンドを使っていることアピールしている、ブランドもあります。

しかし、【FL】や【IF】といったダイヤモンドが、お客様にとって本当に必要なのでしょうか。
もう一度、キズのランクの説明文をご覧ください。
ダイヤモンドの専門家が10倍に拡大して見ても、【VVS】や【VS】のキズを発見することは、難しいと書いてあります。
まして、初めてダイヤモンドをご覧になるお客様が、キズを発見することは不可能です。

例えば、同じ大きさで比べた場合、【FL】の価格は【VS】の価格の何倍もします。
私は予算にかなり余裕がある方は、【FL】や【IF】の0.3ct以上の一粒ダイヤモンドを、ご購入するのもいいと思います。

しかし、予算に限度があって、【FL】の0.1ctと【VS】の0.3ctのどちらかを選択しなければいけない状況でしたら、
【VS】の0.3ctをお勧めします。
理由はご家族やご友人にお見せになったときに、羨ましいと思われるのは間違いなく【VS】の0.3ctの方だからです。

キズについて、文章をまとめます。
極論すると、ダイヤモンドのキズの程度は【VS】以上でしたら、全く問題ありません。


ダイヤモンドの形

三番目は形についてです。専門家はCut(カット)といいます。キズと同じように、まずは種類を見てみましょう。キズと同じように番号が若い方が上位の品質を表します。

  1. Excellent(エクセレント)-理想的なプロポーション
  2. Very Good(ベリーグッド)-エクセレントの次に優秀なプロポーション
  3. Good(グッド)-標準的なプロポーション
  4. Fair(フェアー)-わずかな欠点のあるプロポーション
  5. Poor(プアー)-欠点のあるプロポーション

以上の説明をご覧になって、理解できた方はほとんどいないはずです。
初めてダイヤモンドを見る方は、【Excellent】と【Good】の違いが、全く分からないと思います。

なぜ、Cut(カット)がダイヤモンドを評価する際に、重要な要素なのか?

Cutによって、ダイヤモンドの光が変化するからです。

ダイヤモンドは、それ自体が光を発するわけではありません。
外の光を一度受け止めて、その光を反射してキラキラと輝きます。
よって、Cutが悪いと光を上手く反射できずに、輝きが落ちます。
昔のティアラなどに使われているダイヤモンドを見ると、Cutが現在ほど正確ではありません。
Cutという視点で見ると、現在の方が優れています。

現在のCutに変化した大きな転機は、トルコフスキー・マーセルの登場でした。
彼はロンドンのダイヤモンドカッターを生業とする家に生まれました。トルコフスキーの本業は数学者です。
彼が21歳のときに発表した「ダイヤモンド・デザイン」という書籍の中で、ダイヤモンドを最高に輝かせるためのカットとプロポーションを数式で表して、【ラウンド・ブリリアント・カット】の形状を理論的に体系づけました。

現在、私達が良く見るダイヤモンドは、このトルコフスキーの理論が基礎になっています。

IZURUの婚約指輪には、【トリプル・エクセレント(3EX)】のダイヤモンドを採用しています。

【トリプル・エクセレント】とは、最高のカットグレードであるエクセレントの中でもプロポーション(全体のバランス)、シンメトリー(対称性)、ポリッシュ(研磨の良し悪し)の3項目全てが、エクセレントという意味です。

以上のことをふまえて、婚約指輪に使うダイヤモンドのCutは、どれ位の品質ならばいいのでしょうか?

0.3ct以上の大きいダイヤモンドならば、【Excellent】。
エタニティリングや結婚指輪に使う、小さいダイヤモンドならば【Very Good】以上が良いと思います。


ダイヤモンドの色

4番目は色についてです。

世界には、様々な色のダイヤモンドが存在します。
しかし、全ての色について書くと長くなるので、婚約指輪に使われる白色のダイヤモンドについて、お話しいたします。

キズや形と同じように、色にもランクがあります。以下にその種類を列挙します。

  1. D・E・F-無色
  2. G・H・I・J-ほぼ無色
  3. K・L・M-かすかな黄色
  4. NからR-薄い黄色
  5. SからZ-濃い黄色

大きく分けると、以上のようになります。色は他の基準より簡単です。
【D・E・F】なら、どれでも大丈夫です。
他の基準と同じように、【D】と【F】の差はとても微妙なもので、見分けることがとても難しいです。
こだわるなら【D】、こだわらないなら【F】をお選びになったらいいと思います。


ダイヤモンドの鑑定機関

鑑定機関について

以上、ダイヤモンドを選ぶ際の、4つのポイントをお伝えいたしました。
鑑定機関についても書きます。
今まで、お伝えしたように、ダイヤモンドは細かく等級が分かれています。
その等級をつける鑑定機関は、実は1つではなく、たくさんあります。
また、公的な機関は一つもなく、全て私的な鑑定機関です。

お恥ずかしい話ですが、ダイヤモンドの業者の中には悪い業者もいて、
胡散臭い鑑定機関の鑑定書を付けて、高い等級のダイヤモンドとして販売している、業者もいます。

お客様には、そんな悪い業者に騙されて欲しくないので、信用できる鑑定機関を3社ご紹介します。
以下の業者の鑑定書ならば、信用できます。ご参考になれば幸いです。

  1. GIA(米国宝石学会)
  2. CGL(中央宝石研究所)
  3. AGTジェムラボラトリー

最後に

一番大事なことは、まじめな会社を選ぶこと

ダイヤモンドに関する知識は大事です。
しかし、一朝一夕で知識は身につきません。
大事なことは、「必要なこと」と「必要でないこと」を、キチンとお客様にご説明できる、
真面目な会社から婚約指輪を購入することです。

いかに多くの美辞麗句を並べたところで、真面目であることには敵いません。

ダイヤモンドは魅力のある宝石です。この文章がお客様のお役に立つことが出来れば、幸いです。




IZURUの0.3ct婚約指輪一覧